ハンガーの適切なサイズとは?

大切なお洋服を掛けていたら、型崩れしてしまった、しわができてしまった、ということはありませんか?

型崩れを防ぐためには、適切なサイズのハンガーを選ぶことが大切なポイントになります。

ハンガーのサイズでまず重要なのが、肩幅です。

洋服の肩先から反対側の肩先までの長さを測り、そこからだいたいマイナス1~2cm程度の横幅のハンガーが適している、と言われております。

一般的にハンガーの幅はW〇〇mmと表記しますが、メンズサイズはW420mm程度、レディスサイズはW360~W380mm程度のハンガーが多いです。

最近は細身のお洋服も多いので、少し幅の狭いハンガーも人気ですね。お洋服より幅の広いハンガーを使ってしまうと、肩先が伸びてしまって跡が付いてしまったり、洋服の背中部分にしわが寄ったりしてしまうので、迷ったときは少し小さめを選ぶといいかもしれませんね。

次に重要なのが、ハンガーの肩先の厚みです。

肩先の厚みはT〇〇mmと表記しますが、スーツやジャケット、コート類は肩先の厚みがだいたいT30mm以上、シャツやブラウスはだいたいT10~30mm程度が目安になります。

肩先の厚みがT25~40mmのハンガーは、シャツにもジャケットにも使えます。

実際、どのハンガーを選べばいいのでしょうか。

メンズのジャケット用ハンガーでオススメなのが、肩先にカバーの付いたTSW-1457Rです。

横幅W420mmで肩先の厚みはT40mm。ジャケットがすべり落ちないように、肩先には透明な滑り止めキャップが付いています。

レディスのジャケット用ハンガーでオススメなのが、TSW-1358Rです。

横幅W380mmで肩先の厚みはT30mmです。フック下のハンガーのフェイス(面)部分は女性らしい丸型です。こちらも肩先にカバーが付いており、すべり落ちないように専用キャップが付いております。

メンズのシャツ用でオススメなのが、TSW-2461BR-BN-42とTSW-2468BR-BN-42です。

TSW-2461BR-BN-42は横幅W420mm、肩先の厚みがT15mmでクローゼット内で幅を取りません。

またTSW-2468BR-BN-42は、横幅W420mm、肩先の厚みがT30mmなので、シャツ用としてもジャケット用としても使用できます。

次に、レディスシャツ用ハンガーとしてオススメなのが、TSW-2361BR-BT-38とTSW-2468BR-BN-38です。

TSW-2468BR-BN-38は、先に紹介したTSW-2468BR-BN-42のレディスサイズなので、一緒に使うときれいに見えますよ。

Follow me!

オーダーメイドハンガーならお任せください!

今までにないハンガーを作りたい!
こんな形にしたい!など様々なご要望をいただきます。

今までの経験から難しそうな案件や初めての案件でも
どうすれば問題解決できるか、スタッフ間で話し合い試行錯誤し進めていきます。

お客様のご要望に答えられるよう、日々挑戦し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です