キズ??ではなく溶接の跡です

ハンガーの肩のラインをよく見ていただくと、同じような位置に付いている、画像のような跡があります。これ、なんだか分かりますか?

【ハンガーの肩先のラインの画像】

お客様によく「これはキズですか。」と聞かれるのですが、これはキズではなく【溶接の跡】になります。

【溶接跡のアップ画像】

タヤのハンガーは、コイル状の1本のワイヤーをつなげて製作しておりますので、ハンガーの形状にするために、溶接をする必要があります。

1本の切りっぱなしのワイヤーですと、すぐに曲がったり折れたり、変形したり、強度を保つことができません。

ワイヤーとワイヤーをつなげることで、強度を出したり、厚みを出して立体的な形状を作ったりすることができます。また、触ってケガをしないよう安全なハンガーを作ることができます。

それでも溶接の跡が目立って嫌だ、というお客様の声もいただいておりますので、なるべく目立たない箇所で溶接をしたり、隠したり、またはあまり段差や凹凸が出ないように溶接方法を工夫したり・・より美しいハンガーが出来るよう製造方法を改善しております。

溶接の跡は、タヤのスタッフが1本1本丁寧に作業した跡になりますので、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

Follow me!

投稿者プロフィール

坂東
坂東
埼玉県在住の42歳。小学校2年生の女の子と、4歳の男の子の2児の母。
入社7年目の中堅スタッフです。
主に、タヤのオフィシャルサイトと楽天・Amazon等のモールの受注管理やサイトの運営を行っております。

ハンガーのご購入はこちら

ハンガーなら「ハンガーのタヤ」にお任せ下さい。
数多くのデパート・アパレルショップで選ばれている確かな品質で、皆様のご要望にお応えします。
工場直営だからできるオリジナルのオーダーハンガー、オーダーカラーも承ります。
大量注文など、どんなご要望にも迅速に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
16,500円以上のご注文で送料無料!