インナーハンガーIN-503(バチ付き・バチ無)のご使用例について

ハンガーのタヤではお客様よりに製品へのご質問をいただきます。ご質問と同じ疑問を持たれているお客様もいらっしゃるかもしれない…との思いよりその一部とハンガーのタヤの返答をご紹介していきたいと思います!(ご質問内容・返答は一部変更して使用させていただいております)

ご質問「IN-503の丸部分にも掛けられるの?」

タヤの返答
「in-503の先端の丸部分についてですが、主に2種類の使用方法を想定しております。
・ショーツを丸部分にはかせるような形で引っかけ掛ける。
・ブラジャーのストラップを二重にしたまま丸部分に通し、丸部分にひと回ししストラップの終わりの袋状になったところを本体線材の終わりの部分にひっかけ、高さを保った状態でブラジャーを掛ける。」

結論:丸部分にインナーは掛けられます。しかしながらショーツを掛ける場合にはウエストサイズを選ぶので、安定して掛ける場合にはバチ型クリップに挟み掛ける方法をお勧めします。
IN-503の丸部分の特徴はその見た目とストラップを丸部分に巻き付けることで、ブラジャーのトップを高い位置に保ち、インナーを掛けることもできることです。

次回はボトムの型番についてお知らせ予定です。

Follow me!

オーダーメイドハンガーならお任せください!

今までにないハンガーを作りたい!
こんな形にしたい!など様々なご要望をいただきます。

今までの経験から難しそうな案件や初めての案件でも
どうすれば問題解決できるか、スタッフ間で話し合い試行錯誤し進めていきます。

お客様のご要望に答えられるよう、日々挑戦し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です