スチールとステンレスは違うの?

お客様から「スチールとステンレスは違うんですか」「タヤのハンガーはステンレス製ですか」という質問をたまにいただきます。

タヤのハンガーはステンレス製ではありません

スチール(鋼)は大きく分けて、鉄と微量の炭素による合金である炭素鋼(普通鋼)と、それ以外の金属との合金である合金鋼(特殊鋼)に二分されます。

ステンレスは、上記の合金鋼に含まれます。なので、ステンレスはスチール(鋼)の一部です。

タヤはステンレスではないスチールを使っております。正確に言うと、炭素鋼の中の軟鋼線材というものを使用しています。

軟鋼線材は、やわらかく伸びが良いため、加工しやすい素材になります。

ステンレスは錆びにくい

ステンレスは混ぜられる金属の種類や量によって特徴や性質が変わり、その種類はなんと200種類以上にも及びます。
「SUS」(Stainless Used Steelの略)と表記したりもします。

スチールにクロムを添加していくとだんだんと錆びにくくなっていきますが、ステンレスはその中でもクロムの含有量が10.5%以上のスチールを指します。

ステンレスの英語表記は「Stainless steel」で、「Stain」=汚れ・サビが「less」=ない(にくい)、つまり錆びないスチールという意味です。成分や条件によって錆びるものもあるので、正確には「錆びにくい」と言えます。

錆びにくいのは、スチールにクロムを添加することで表面に非常に薄い酸化皮膜(不動態皮膜)をつくり、周辺環境と反応しにくくなり耐食性が強くなるためです。

錆びに強いため、台所の流し台、スプーン、フォーク、水道の蛇口などにも使われています。

しかし、 この 酸化皮膜 が邪魔をする為にメッキを行うのが難しい金属とされています。ステンレスにメッキを行うには薬品を用いて酸化膜を取り除き、新しい酸化膜が出来る前に素早くめっきを行わなくてはメッキ被膜の密着性が確保出来ません。

タヤのハンガーはメッキを施して表面を美しく仕上げ、錆びを防ぎます

ステンレスではないスチールは、空気や水に触れ続けていると錆びが発生してしまいます。そのため、表面処理でメッキや塗装をすることにより、スチールの表面に薄い金属皮膜をコーティング(被覆)して錆びを防ぎます。

また、メッキや塗装をすることにより、様々な色の表現をすることが可能になります。

幅広く色々な種類のメッキや表面加工が可能なため、タヤでは通常ハンガーの素材としてステンレスではない、スチールを使用しています。

Follow me!

ハンガーのご購入はこちら

ハンガーなら「ハンガーのタヤ」にお任せ下さい。
数多くのデパート・アパレルショップで選ばれている確かな品質で、皆様のご要望にお応えします。
工場直営だからできるオリジナルのオーダーハンガー、オーダーカラーも承ります。
大量注文など、どんなご要望にも迅速に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
15,000円以上のご注文で送料無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です