カラーで絞り込み
仕上げで絞り込み
クローム
種類メッキ
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★★★★★
機能・製造工程装飾メッキの中で一番「耐久性」「耐食性」「耐候性」に優れたメッキ。金属として安定した元素のクロムが使用されているため、サビや変色に強く、水道の蛇口などの工業製品に使用されています。
色の系統シルバー系
ツヤツヤ有り
コメント光沢があり青光りするシルバー色の非常に金属らしい色。白い内装に非常によく映えます。
クロームメッキツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程装飾メッキの中で一番「耐久性」「耐食性」「耐候性」に優れたクロームメッキをツヤ消クリア塗装でコーティングした仕上。
色の系統シルバー系
ツヤマット
コメントマットな仕上がりのクロ-ムメッキ。ツヤを消すことで青さが増しアルミの色に近い仕上げりになります。
ゴールド
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程下地にニッケルメッキを施し、その上に銅・亜鉛・スズの合金(銅の比率高め)を施した本物の金に近い色合い。そのままでは変色しやすいため上からクリア塗装でコーティングし、変色や傷を防止。 注意:合金により色を出すため、生産ロットにより色味の差が生じます。
色の系統ゴールド系
ツヤツヤ有り
コメント「きらきら」「ピカピカ」誰もが大好きであろう金色。ゴージャスなイメージをお求めの方に最適です。
ゴールドツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程下地にニッケルメッキを施し、その上に銅・亜鉛・スズの合金(銅の比率高め)を施した本物の金に近い色合い。そのままでは変色しやすいため上からクリア塗装でコーティングし、変色や傷を防止。 注意:合金により色を出すため、生産ロットにより色味の差が生じます。
色の系統ゴールド系
ツヤマット
コメント「きらきら」「ピカピカ」誰もが大好きであろう金色に、ツヤを消すことで大人感をプラス。シャンパンゴールドとも呼ばれることもあり、落ち着いた大人の女性的イメージを演出できます。
アンティークゴールド(古美色メッキ)
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程真鍮メッキ(青金色)の上に黒ニッケルメッキ(黒色)を施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地の真鍮メッキを浮かび上がらせたアンティーク調の仕上げ。
色の系統アンティーク系
ツヤツヤ有り
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある仕上げ。照明器具や建具などに使われ、ゴールドメッキとはまた異なる温かみのある独特な重みのある輝きが特徴です。
アンティークゴールドツヤ消(古美色メッキツヤ消)
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程真鍮メッキ(青金色)の上に黒ニッケルメッキ(黒色)を施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地の真鍮メッキを浮かび上がらせたアンティーク調の仕上げ。最後にツヤ消クリア塗装でコーティング。
色の系統アンティーク系
ツヤマット
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある仕上げ。照明器具や建具などに使われ、ゴールドメッキとはまた異なる温かみのある独特な重みのある輝きがあります。塗装によりツヤを消し、よりアンティーク感を高めた色です。
古美色塗装
種類メッキ + 着色塗装仕上
装飾性★★★☆☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程ホワイトニッケルメッキに黄色を混ぜた半透明塗装でコーティングした仕上げ。流れる電気の強弱により付着する塗装に強弱が発生する為、ハンガー部位やロットにより色味に差が生じます。
色の系統アンティーク系
ツヤ半ツヤ
コメントゴールド系の色味。アンティークゴールドメッキの簡易的位置づけの仕上げです。
ホワイトニッケル
種類無光沢メッキ
装飾性★★☆☆☆
耐久性・耐食性★★★☆☆
機能・製造工程メッキの被膜を均一に付けることに特化した電気を使用しないで被膜を付けるメッキ。装飾を目的としたメッキではない為、色ムラが発生します。
色の系統ニッケル系
ツヤ半ツヤ
コメントステンレスよりも艶が無く若干黄色味のかかった色。光沢が無い物をご希望の場合やコストを抑えたい時に一押しの表面処理。需要が多い仕上げ。
C-ホワイトニッケル
種類無光沢メッキ
装飾性★★★☆☆
耐久性・耐食性★★★☆☆
機能・製造工程中国生産品のホワイトニッケル。
色の系統ニッケル系
ツヤ半ツヤ
コメント中国製品のホワイトニッケル。国内のホワイトニッケルとほぼ同じ色味。表面強度は国産品に軍配が上がりますが、表面には程よいざらつきがあり、とてもきれいな仕上がりです。
ピューター(シルバー古美色)
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程ニッケルメッキの上に黒ニッケルメッキを施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地のニッケルを浮かび上がらせる仕上げ。
色の系統アンティーク系
ツヤツヤ有
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある黒系の仕上げ。照明器具や建具などに使われ、独特な重みのある輝きが特徴。
ピューターつや消し(シルバー古美色)
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程ニッケルメッキの上に黒ニッケルメッキを施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地のニッケルを浮かび上がらせる仕上げ。最後にツヤ消ツリア塗装でコーティング。
色の系統アンティーク系
ツヤマット
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある黒系の仕上げ。照明器具や建具などに使われ、ツヤ消クリア塗装で仕上げる事により白味が掛かりクリア塗装仕上げのピューターよりもグレーっぽい色になります。鉄の素地に近い色の為、こだわりのある方に人気があります。
ニッケルツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程ニッケルメッキをツヤ消クリアでコーティングした仕上げ。
色の系統ニッケル系
ツヤマット
コメント若干黄色味のかかったマットなシルバーといった感じ。アンティーク調の製品と相性がよく、手作り感を感じられる色調。
銅メッキ
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程銅は非常に柔らかい金属で複雑な形状でも比較的めっきが付きやすい特徴がある為、精密機器部品への下地メッキにも使われています。
色の系統ゴールド系
ツヤツヤ有
コメントピンク系の色。ピンクゴールドと呼ばれることもあります。
銅メッキツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程銅は非常に柔らかい金属で複雑な形状でも比較的めっきが付きやすい特徴がある為、精密機器部品への下地メッキにも使われています。
色の系統ゴールド系
ツヤマット
コメントピンク系の色。ピンクゴールドと呼ばれることもあります。ツヤを消すことにより、銅メッキよりもより柔らかい印象になります。
銅ブロンズ
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程銅メッキの上に黒ニッケルメッキを施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地の銅メッキを浮かび上がらせたアンティーク調の仕上げ。
色の系統アンティーク系
ツヤツヤ有
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある仕上。照明器具や建具などに使われ、温かみのある独特な輝きが特徴。
銅ブロンズツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程銅メッキの上に黒ニッケルメッキを施し、バフで表面の黒ニッケルを剥き下地の銅メッキを浮かび上がらせたアンティーク調の仕上げ。最後にツヤ消クリア塗装でコーティング。
色の系統アンティーク系
ツヤマット
コメントヘアライン(注4)調の高級感のある仕上。照明器具や建具などに使われ、アンティーク調の温かみのある独特な輝きが特徴。
黒ニッケル
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程下地にニッケルメッキを施し耐食性や光沢をだし、その上に黒ニッケルメッキを施します。そのままでは変色しやすいため上からクリア塗装を付けて変色や傷を防止。
色の系統ブラック系
ツヤツヤ有
コメント黒ニッケルといっても真っ黒ではありません。金属感の光沢があり、黒に近いこげ茶。
黒ニッケルツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程下地にニッケルメッキを施し耐食性や光沢をだし、その上に黒ニッケルメッキを施します。そのままでは変色しやすいため、ツヤ消クリア塗装でコーティングし変色や傷を防止します。
色の系統ブラック系
ツヤマット
コメントマットな仕上がりの濃いグレー。銃や鉄砲の色味に近いことからガンメタリックやガンブラックと呼ばれることもあります。
ホワイトブロンズ
種類メッキ + クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★★★★★
機能・製造工程ニッケルメッキを2層に施した上で、バフ研磨をし製品にヘアライン(注4)を入れて仕上げるメッキです。最終工程でクリア塗装をかけて変色や傷を防止します。
色の系統ニッケル系
ツヤツヤ有
コメント古くから用いられてきた表面処理の方法で、その落着いた色調はさまざまな分野で好まれています。ニッケルサテンと呼ばれることもあります。
ホワイトブロンズツヤ消
種類メッキ + ツヤ消クリア塗装
装飾性★★★★★
耐久性・耐食性★4.5
機能・製造工程ニッケルメッキを2層に施した上で、バフ研磨をし製品にヘアライン(注4)を入れて仕上げるメッキです。最終工程でツヤ消クリア塗装をかけて変色や傷を防止します。
色の系統ニッケル系
ツヤマット
コメント古くから用いられてきた表面処理の方法で、その落着いた色調はさまざまな分野で好まれています。
黒電着
種類電着塗装
装飾性★★★☆☆
耐久性・耐食性★★★☆☆
機能・製造工程電着塗装とは塗料が入ったタンクの中に被塗物と電極を入れ、塗膜成分を電気泳動させる事により被塗物の表面に塗膜を密着させる塗装方法。塗膜の密着性が高いため、主に防錆処理として様々な製品の製造過程に使われています。
色の系統ブラック系
ツヤ半ツヤ
コメント塗装の質感は滑らかな感じ。ツヤ感は7分ツヤ有といったところ。
白紛体塗装
種類粉体塗装(パウダーコーティング)
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★★★★☆
機能・製造工程顔料を直接金属に吹き付け静電気の力で付着させた後、加熱し均一な塗膜を形成する方法。ガードレールなど過酷な使用状況に多く利用されています。有機溶剤を含まず人と環境に優しい塗料でもあります。
色の系統ホワイト系
ツヤツヤ有
コメント塗装の質感は非常に滑らか。光沢のある白。強固に密着し、サビにくく、キズに強く、かつ弾力性のある塗膜。
黒ツヤ消塗装
種類アクリル系溶剤塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程歴史が長く、これまで多くの塗装の主体として用いられてきた塗装技術。被塗物にスプレーで塗布、その後、焼き付けることで密着させる塗装方法。
色の系統ブラック系
ツヤマット
コメントアイアン家具と言われているジャンルに使われているブラックアイアンに近い色味。黒革とは異なります。表面にはほんのり心地よいざらつき感あり。
白ツヤ消塗装
種類アクリル系溶剤塗装
装飾性★★★★☆
耐久性・耐食性★3.5
機能・製造工程歴史が長く、これまで多くの塗装の主体として用いられてきた塗装技術。被塗物にスプレーで塗布、その後、焼き付けることで密着させる塗装方法。
色の系統ホワイト系
ツヤマット
コメントクリーミィな感じの白。表面にはほんのり心地よいざらつき感あり。

メッキと塗装の違い

メッキとは電気的又は化学的、物理的に金属を、他の金属やプラスチック、ガラスなどの表面に析出(固体以外の状態にある物質が固体として現れる現象)させるもの。
主にメッキ屋さんが表面処理をしたもの。
ざっくり簡単に言えば金属の被膜が付いたもの。
塗装とはペンキ、つまり樹脂をスプレーガンやはけ塗りなどで表面に付けるものです。
主に塗装屋さんが表面処理をしたもの。
ざっくり簡単に言えば表面に樹脂の被膜が付いたもの。
メッキ調塗装とは塗装のスプレーガンで品物の表面にピカピカの金属光沢をもった銀鏡反応を起こさせて(あたかも銀メッキをしたかのように見える)その上に透明な金色の塗装をかけると、プラスチックなどがまるで金属に金メッキしたように見えるの

脚注

注1 メッキとは個体表面に金属の膜をつける技術のこと
注2 装飾性とは見た目の美しさのこと
注3 耐食性とは腐食やサビへの耐久性のこと
注4 ヘアラインとは単一方向に髪の毛ほどの細かい傷をつける加工のこと
表面にはつや消しの効果が生まれるとともに、金属的な質感を強調する効果が生じます。

ボトムスハンガーのクリップ跡に関して

ボトムスハンガーのクリップを横へスライド移動させると、下記画像のように表面がきれいでない部分があります。この跡は不良ではございませんのでご了承ください。クリップを横へスライドさせずにご利用ください。

クリップ跡ができる理由は、ハンガー本体にクリップを付けた状態でメッキ加工を行うことにあります。メッキは他の金属を表面に被覆させる表面加工です。この時、下地用であるメッキは入り組んだ箇所にもよく行き届き表面を被覆できますが、装飾用のメッキは行き届くことが出来ません。よって、ハンガーのクリップがついている内側へは装飾用の綺麗なメッキを被覆させることが出来ません。その結果、下地メッキのみが被覆される現象が起き画像のような状態となります。

では、パーツごとに別々にメッキを付ければ綺麗な商品がつくれるのではないか?とのご指摘があるかと思います。その通りです。部品の状態で別々にメッキを付ければクリップ跡はなくなります。しかし、生産コストが大幅に増してしまう為、弊社ではハンガーにクリップを組上げた状態でメッキを付け、その分コストを抑えた価格での販売をしております。

ボトムクリップを横にスライドした場合の画像(国内生産品)